ゲンキのブログ

書評とか経済とか、あと日常とか

少子高齢化を防ぐ方法を考えてみた。

少子高齢化の解決方法は

 

①たくさん産む

②海外からの出稼ぎ働き手を受け入れる

③中国の「一人っ子政策」に対し、

「日本で産み育て」環境を作る。

 

が考えられる。

 

①のたくさん産むは今の日本人的には

雰囲気的にも経済的にもキツイオーラが

あるので、実践するならば政府の

「子育て政策」に力を注ぐ必要がある。

 

自然な状態でここまで出生率が落ちているのを

民間がどうこうできるものでないから、

政府の力がやはり必要。

 

②の出稼ぎを受け入れるというのは、

「低賃金労働者」を雇うことで企業には

雇用費用を低く抑えられるメリットがある。

 

その場合、

我々日本人は海外から流入してくる労働者と

肩を並べて働かなくてはならないデメリット

がある。

彼らは低賃金でも働きたいと考えているが、

我々は高給を少なからず望んでいるからだ。

 

③の一人っ子政策に関しては、

今現在の中国の政策だが、

子供がたくさん増えている現状を

ストップしてしまうと

将来の中国に待ち構えているのは

日本と同じ状況の「少子高齢化社会」だ。

 

それを防ぐ役割として

「出生を下げる」のではなく

「出生は増やしたまま、

受け入れる環境を増やす。

その環境を日本が担う」という考え方。

 

これを実践できれば

日本の労働者人口も増え、

世界規模で見ても若い人間が中国から生まれ、

世界に飛び立つという、

中国ブランドが立ち上がる。

 

中国で生まれた子を日本に向けるためには

子育て支援」を充実させることが

必要になるのは、今の日本で既に

行なっていることである。

より一層、考えて行くべきである。

 

 

でも、

中国で出生率が上がっているってことは

それだけ中国に勢いがある証拠だから、

わざわざ出生率の低い(勢いのない)日本に

来たいとは思わないかも。

 

そんな問題も多々ある。

 

 

勝手にがんばろ😎

 

−げんき−