ゲンキのブログ

書評とか経済とか、あと日常とか

専修大学講義ノート 20180531

5 月最終日

 

起床 9:30

プリントだけもらいに1限に向かう。

 

1限

財政学

 

授業内容

 

国債とは何か。国債の価格と利子率とはどのような関係にあるのか。

 

利子国債:半年ごとに利子が払われる。

割引国債:満期時に額面金額で償還される。

 

 

 

2限

 

特殊講義(数学3〜Cレベル)

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20180601013105j:image

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20180601012853j:image
f:id:mmhurdlehighjump473:20180601012840j:image

 

今日は「傾きの増加率」と微分微分(二次微分)についての講義。

 

高校の時にわからなかった部分がわかる感覚があり、非常に有意義。

とってよかった授業。

 

 

じぶんひとりしかいなかったので、一対一の講義となった。

 

ゼミの先生でもあるからやりやすかったが

周りのこなくなってしまった人たちは何をしているのだろう。

 

数学を本格的に進めたい。

チャート式はそれなりにやっているから、

別の教科書を探して読み進めてみたい。

 

みんなはどんな教科書で数学を身につけたのだろう。

僕は完全にチャート数学で暗記。として学んでいたので

基本部分がしっかりとできる程度。

 

「マセマ」のすうがくもやっていたっけ。

 

大学数学のラプラス変化とか、

フーリエ解析なんていうのを身に付けるのが目標。

 

まずは数3。

 

 

 

 

後記

 

3年生が始まり、前期半分が終わる頃。

そろそろテストの準備も兼ねて過去範囲を復習したい。

細かく復習できると理想だな。

 

 

ーげんきー