ゲンキのブログ

「metaブログ書いてます」

工夫しながら学習をしよう!1日のノルマよりも効果的な方法はコレだ!!

 

 

★★勉強の方法を学ぶ★★

 

 

色々あるっすね。

 

最後の方にノルマを決めるより効果的な方法を書きましたので!

 

 

 

 

★★勉強方法★★

 

1.自分に合っているとかあっていないとかじゃなくて、飽きないように勉強方法をいくつも持っている方が良い。

 

 

2.動機の種類


内発的動機づけ
自分自身が納得いく動機のこと


外発的動機付け
自分自身の納得のいかない動機のことです。


目的達成のための手段が勉強と考える

 

 

 

 

3.付録に「索引」がついているものは検索学習ができるから便利。

 

 

 

4.マジックナンバー

「一度に記憶できるのは7単語まで」というもの。

 

 

5.正しい学習だけを行なっていると「正しいかどうか」が比較的にわからなくなってしまうので、

 

たまにはあえて異なる勉強法を取り入れて見るのも大事。

 

 

 

6.自分の子供や友人を育てる場合は「一つの環境」にいさせるのではなく色々な環境を体験させる。

 

例えば塾を1年ごとに変えるとか。

 

環境を変えるのも学習効率の面で大事。

 

 

 

 

7.計画が全てではない。

ゴールからの逆算は指標でしかない。

参考にしておく程度で良い。

 

さらに、計画や逆算は誰かにやってもらう方がバイアスがなく正確。

 

 

8.最強の勉強方法「1日〇〇ページではなく」「今〇〇ページ勉強する」という考え方

 

9.スクール:孤独が苦手な人は行くべき。

 

 

 

 

★★感想★★

 

本読んでまとめたんですけど、

面白そうな勉強方法あったらぜひやってみてくださいな。

 

 

 

個人的には9番目の「1日のノルマ」じゃなくて「今のノルマ」にまで落とし込むことが大事だと思うので、やってみようと思います。

 

 

 

 

工夫して学習しましょう

 

 

 

 

 

げんき。

 

 

 

 

 

 

 

 

Pythonでプログラミングをやろう!いろんな教材を試してみましょう!!プログラミング学習は浅く広く!!

 

 

★★パイソンをやろう★★

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190616183626j:image

使用教材

 

 

 

★★きっかけ★★

 

プログラミングできるようになりたいから!

 

★★内容★★

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190616183703j:image

機械学習とかもありました

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190616183707j:image

機械学習とは?

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190616183712j:image

グラフとか統計ってイメージで良さそうです

 

 

 

ノートに大事そうなところを書いていくアナログ方式で!!

 

 

★★具体的な取り組み方★★

 

 

一度読んで、大事なところに赤線を引いていたので、そこを中心に「書いて」行きました。

 

ただ、

半分以上は理解できずになんとなく言葉を覚えるために書いたので、十分な学習ではないです!

 

今の段階の中ではまだ無理!

 

また時間おいて再トレーニングしますわ!

 

 

 

★★今後★★

 

 

 

また一回読んでやつを繰り返します!

 

浅く広く!!

 

 

 

★★使用済ノート★★

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190616184039j:image

こんな感じで

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190616184042j:image

ザクザク書きました

 

 

2日で終わらせた!(無理やり!)

 

 

(明日になったらもう飽きてやらないから2日ルール!笑)

 

 

 

 

 

 

 

以上!!

 

 

 

 

プログラミましょう

 

 

 

げんき。

プログラミングで年収アップ!1番利益の出る言語はなんとあの言語だった、、!!

 

 

 

★★プログラミング★★

 

 

Pythonできたら年収上がるらしいね。

 

平気600万いくらしい。

 

ええやん。

 

収益ツールとしてPythonやりますー

 

そんなモチベーションです🙂

 

 

 

 

★★教材とページ構成★★

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190616001014j:image

綺麗ですね

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190616001018j:image

テーマ

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190616001105j:image

書き込みでやりました

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190616001109j:image

カキコ。

 

 

 

今回は「書き込む」方式でどんどん読んでどんどん書いていきました。

 

一回読んであったので、

大事なところだけざっくりと読み進めました。

 

つまり、今回の学習は2回目・2週目にあたります。

 

 

 

★★効果とか取り組み方とか★★

 

 

前回は本を読んで、大事と思ったところに印をつけていくってやり方だったので、今回は、その大事なところを中心にザクザク描き進めていきました。

 

全体的に書く量は多かったけれど、

教科書に書くとめっちゃ早くできることが判明。

 

「必要なところだけ」絞って学習できたので2日で終わりました。

 

 

 

★★今後★★

 

 

とりま、別の冊子を「2週目」取り組むことにします。

 

 

 

またブログ書くのでよろしくです!!

 

 

 

 

げんき。

 

ゴリゴリ進めるJava!参考者に書き込んで学習せよ!古本屋の本は使い捨てで良い!!

 

 

★★プラグラミング★★

 

 

図書館で無料配布とかやっていたのでもらってきました!!!!😏

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190613231348j:image

ジャバ。

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190613231401j:image

中表紙

 

 

そんなわけでJavaの勉強をして行きます!

 

 

春休みにいくらかやったので「思い出し」「知識強化」のためにやってます!!(^ ^)

 

 

そんなわけで早速、、

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190613231611j:image

ジャバ。スッキリするね!

 

 

 

じゃなくて、、

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190613231522j:image

ジャバザハット(スターウォーズ

 

 

でもなくて、、、

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190613231550j:image

ピザハット(ジャバですらない)

 

 

 

じゃなくて、、、、

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190613231650p:image

そうそうJavaScript、、??

 

 

 

 

はい!

 

ここテストに出ます!

 

 

Java」と「JavaScript」は1ミリも関係ないので!!!お気をつけて!!

 

完全にネームミスなのでみなさん気をつけて!

 

 

もう一度いいます。

 

 

Java」と「JavaScript」は全く関係ないです!!

 

 

 

 

 

ではいきましょう。

 

 

 

★★取り組み方★★

 

 

今回は、「参考書に書き込む」スタイルでやって行きましたね!

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190613231417j:image

全10章!

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190613231826j:image

気になったところは書き込んで、、

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190613231830j:image

描きまくります!

 

 

 

そんな感じでやりました!

 

 

★★ページ構成★★

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190613231938j:image

スタート!

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190613231942j:image

変数とかfor文とかね、はいはい、、

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190613231953j:image

ふむ。

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190613231957j:image

オブジェクト指向

 

 

 

ていう内容でした!

 

基礎ですね!

 

 

 

 

★★感想と今後★★

 

 

 

 

とりま、「思い出し」には使えましたね!

初めて学ぶ人もこの本はおススメ!!

 

SBクリエイティブ」読みやすいですね🙂

 

今後はまたJavaの本探してやりましょうかね。

 

 

「コードを読めるようになること」をまずは目標に読んでいきます!!

 

 

パイソンもやりたいところ!

 

 

 

本の整理もしたいし、、今までやった本をもう一度書いてから捨てようかな、、、、、、

 

 

そして、何と言っても書き込み学習はめっちゃスピーディでやりやすい!

 

たまには楽しいね!

 

 

次も使い捨てで良いやつ探して書き込もうo(^-^)o

 

 

 

そんなところです!

 

 

 

 

 

 

プログラミングも語学も、やっちゃいましょう!

 

 

何より脳の成長のために「語学は有効」とのことです!!

 

 

 

 

 

ではでは、、、、

 

 

 

 

 

げんき。

ノイローゼって何?どうやったら直せるの?日本の昨今を取り巻く「心?脳?」の病について。

 

 

★★論文を読もう★★

 

 

今回は「健康」ということで、ノイローゼについて調べてみた。

 

日露戦後に神経衰弱の患者が増大し、ノイローゼも流行した。

 

神経衰弱は「目の異常によるもの」とされたこともある。

 

神武景気の時にはノイローゼで死ぬ患者が増大した。

 

 

★★色々なノイローゼ★★

 

 

 

 

団地ノイローゼ、白壁ノイローゼ

 

団地のコンクリートの壁に囲まれて白い部屋にい続けると精神に異常をきたす。

 

解決策としては社会的な繋がりを増やすことが有効とされている。

 

ノイローゼという「なんとなく調子が悪い」という状態?はどうやったら解決できるのだろうか。

 

 

★★論文を読んでみた★★

 

 

 

https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/192574/1/kjs_007_193.pdf

ソース

 

京都大学の論文を参考にしてみた。

 

何度もなんどもつまらないことを行なっているとノイローゼになってしまう。

 

 

 

★★まとめ★★

 

ノイローゼや神経症、鬱。

それぞれ栄養面で解決が可能だったり、運動をすることで症状が和らぐことは確認されている昨今。

 

時代の病として無くなるのかもしれないが、その原因はまだ知られていない。

 

症状が出ているうちに解決策を見出さないと、原因を調べることもできなくなってしまう。

 

お金や人間関係、豊かになったことによる精神の疲弊?

 

 

様々考えられるが、今回答えは出なかった。

 

 

 

げんき。

大学生の人間関係について。論文からわかる新しいタイプの性格とは??対人関係の理解と納得を!

 

★★論文を読もう★★

 

 

https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/opac_download_md/918/KJ00000700635-00001.pdf

九州大学心理学部より

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190613014259p:image

テーマ

 

 

★★論文を読んだ★★

 

心理とか人間関係について知りたくて、少し調べてみました。生きづらさとかノイローゼとかさ、なんでそうなるのか確かめたくて。

 

誰かの救いと理解につながれば幸いです。

 

 

★★内容★★

 

 

非常に面白いんだけれど深く理解はできていない!

 

 

★★最近の青年について★★

 

昨今の大学生は「関係の希薄化」が進んでいるというが、実験を進めるとこんな意見も出てきた。

 

「多くの大学生は友人と本音で関わり,関係を深めたいと思っているのではないかと考えられる。」

 

人付き合いを嫌う人間でも、「本当は人と関わりたい」「1人でいても平気な人間はいない」のかもしれない。

 

 

★★増加傾向にあると青年の傾向★★

 

さらに、

 「広く・楽しく」いようとする青年は、近年、友人関 係の特徴として指摘されている、

 

浅く・広いつきあい方や,集団で表面的な面白さを志向する傾向を反映しているものと考えられ, 現代青年の大きな特徴の一つであることが確認されたと言えよう。」

 

近年の青年の傾向として「広く浅く繋がる関係」が目立っているとのこと。

 

 

 

 

★★新しいタイプ・周りに無関心な人★★

 

 

 「無関心群」は,友人に対して本音で接さずに関係が 深まるのを避け,友人からどう見られているのかが気にならず,場を盛り上げるようなこともしない。

 

また,友 人を傷つけることに対しても注意を払わない傾向があり, 友人関係への関心が全般的に低い群。

 

自分自身を安定させるため、他者と接触をせずそもそも期待しないという対処をしている。

 

 

「無関心群」は,友人関係の深ま りを避けると同時に評価懸念が低いという特徴があり, 今までの報告ではあまりみることがなかった交友関係の タイプだと思われる。

 

「本音を出さないことや関係の深まりを避けることが評価懸念によるものではないことは、自分を安定させるために,他者に期待せず最初から人と の接触を断っていることの現れかもしれない。友人づき あいで心がけることがない理由としての,「人に期待し ない。一人でいるのが好き」という記述は,そのような 対処について端的に述べていると考えられよう。また, 久世ら(1987)は,現代青年の社会意識に関して,社会 へのかかわりの希薄化および自分や自分の身辺の生活へ の興味・関心の増大を指摘しているが,そのような「自分の身辺の生活」に「最も親しい同性の友人」でさえも 入らなくなっているのかもしれない。もしそうであるな らば,自らの精神的安定や社会的スキルの学習などの役 割を果たしている友人関係の経験が非常に乏しいことが 考えられ,対人関係の発達上,懸念されるものであると 言えよう。」

 

 

 

長くなりました、、、

 

自分を守るために他人に期待しないようにする。身の回りの友人にですら関心を寄せないと言う彼らは一体これからどうなるのだろう。

 

 

 

 

★★感想と今後★★

 

 

人に無関心なのは自分もその傾向があるが、社会的成長の観点からは良くないらしいね。

 

せめて表面的な付き合い増やそうかしら。

 

増やさないけど。

 

 

 

 

そして他にも論文

色々みていくよ!

 

 

 

 

 

げんき。

論文からわかった!!英語学習は「教える」のが一番良い!「文章を書いて添削してもらうと超速英語マスター」になれる話。

 

 

 

★★論文を読もう★★

 

 

英語学習とロボットの関係!

 

頭が良すぎる完璧なロボットは「非効率」!!

 

 

 

★★論文紹介★★

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190612113953p:image

こちらです。

 

 

 

 

★★実験方法★★

 

 

英語学習において教師の代わりに

 

3種類のロボットを用意

 

完璧なロボット(一度も間違えない!)

 

不完璧なロボット(一度間違えるが、教えられると正解を覚える)

 

支障のあるロボット(最初から最後まで間違いを犯すロボット)

 

これらを用いて実験を行なった結果は、、、?

 

 

 

★★結果★★

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190612114254p:image

正答率

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190612114259p:image

解答時間

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190612114215p:image

ふむ。

 

 

つまり、「完璧なロボット」に教わると「正答率は一番高かった」のは想定内である。

 

しかし、「不完璧なロボット」に教わることで「解答速度が一番早くなる」という特徴のあるデータが取れた。

 

つまり、正答率を鍛えるには「完璧な答えを教えてくれるロボット」が有効ではあるが、

 

「解答時間を早めたい!英語の瞬発力を鍛えたい!」といった場合には「不完璧な(受講者がロボットに答えを教える作業が挟まれた)ロボット」が有効であったということ!

 

 

なるほど!

 

 

 

★★結論★★

 

 

完璧なだけではダメなんですね!

 

やはり、受動的な学習だと「反応速度」瞬発力が鍛えられないので、「英語を教えること」「積極的な英語の利用」に加えて、「正しい知識の提示」が必要になるということ!

 

実生活では、「自分自身で英語の文章を書く」+「正しい文法かどうか、自分より頭の良い先生に添削してもらう」というのが学習効率を押し上げるだろう!

 

理想は「英語を誰かに教える」ことだが、学生がそのような場にいることは難しいだろう。

 

 

 

 

★★今後★★

 

 

実験自体は「図形の単語を覚えるにあたっての効率性」であるが、応用するとなると上記のようになるのかもしれない。

 

「げんき」の個人的意見が多く含まれているので、、詳しく知りたい場合はリンクから論文は飛んでください。

 

 

 

それでは!

 

 

 

英語を人に教えまくってフィードバックをたくさんもらいましょう!!

 

 

 

 

げんき