ゲンキのブログ

「metaブログ書いてます」

断捨離4 その他4冊

f:id:mmhurdlehighjump473:20190319191758j:image

 

真面目な90分の授業よりも、

2、3個笑いのある授業の方が、

記憶にも定着する。

 

わからないところをわからないと認める勇気

間違いを間違えたと認める勇気、

これらが講師には時に、

必要となるスキルとなる。

 

たくさんの質問がある生徒には、

「疑問を解決する方法」を教えよう。

 

単語の意味とか、基礎的な文法や、

数学の公式については、

まず、「教科書を調べる癖」を着けさせること。

 

暗記型タイプなのか、

理解型タイプの問題なのか。

どちらにしろ、

暗記と理解のバランスを見て、

どう攻略するかを伝えるべし。

 

安河内哲也氏の人前でのハウツー本。

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190319191810j:image

 

組織の記憶。

 

例えば、

全員手術レベル50の

AさんとBさんCさんが

いたとする。

 

まず、

AさんとBさんがペアを組んで

1ヶ月手術を担当することとなった。

 

1ヶ月後、

Aさんに、

ペアを変えてもいいと伝えたが、

Aさんとは、

レベルが同じにもかかわらず

CさんではなくBさんと取り組むと決めた。

 

これは、AさんとBさんの間に、

組織的記憶が作られたからである。

 

レベルが同じでも、

関係性、どのくらい共に行動をしたかが、

組織の効率化に著しく貢献している

という喩え話。

 

 

また、

時代は「オープンソース化」が進んでいる。

企業が一人勝ちするのでは成長は見込めない。

 

他企業を巻き込んで、

多くの知識、認知によって

企業の知は深められる。

 

これからは、

全体で経営していく時代が来る。

 

そして、

「反証不可能なものは正しい論理とは言えない

 

反証可能だからこそ、

その理論は正しいのであり、

反証しようのない「正論」などは、

そもそも間違っている。

 

 

 

ちなみに、

日本と国民性が1番近いのは

ポーランドハンガリーである。

 

安定志向で、謙虚ということだろう。

 

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190319191805j:image

 

経営者のあり方、

企業のあり方を再確認するための本。

 

世のため人のためそして、

高い倫理観を元に経営をすること

というのが著者の考え。

 

情熱とPDCA

 

突き進むことが大切とのこと。

 

 

うーん。

 

 

 

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190319191824j:image

 

ユニクロは一言で言うと

「万人ウケファッション」

そのため、製造から生産までは長い

マーケット調査を行い2ヶ月から3ヶ月後に

ローンチ(販売、発売)となる。

 

自社工場を持たず、製造は他者へのアウトソーシング(業務委託)といったファブレス(工場のない)経営を取っている。

 

 

ZARAは一言で言うと

ファストファッション

 

製造から販売まで、

最短で2週間ほどでローンチが可能。

これは、自社工場を持ち、

ハブ・アンド・スポークスという流通方式をとっているからこそ可能な経営。

 

ハブアンドスポークスとは、

出荷前に一箇所のハブ地に商品を集め、

そこから全都市、全土へと商品を運ぶ方法。

 

 

 

トップアパレルの二社が、

全く異なる経営手法を取っているのは、

読み応えのある内容。

断捨離3 経営、経済関連4冊

f:id:mmhurdlehighjump473:20190319180356j:image

 

 

 

ブルーオーシャン戦略

 

今までターゲットとしてこなかった顧客への

ターゲティングをすること。

 

大胆に付け加えること、

大胆に減らすこと、

多くの機能が付随しているのは、

「技術てきには良い」ことだが、

もっとシンプルな方が売れるのでは?

 

常に顧客目線で物を作る。

 

「自分が作りたいものは、

顧客が欲しいものを作った後に作れ。」

 

商品だけがイノベーション対象ではない、

組織の中の人にも

イノベーションを起こすこと。

 

QBハウス任天堂、イエローテイル

数多の企業を例に、

ブルーオーシャン戦略がなんなのかを探る。

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190319181056j:image

 

 

日本企業でブルーオーシャンを勝ち取ったのは、人任天堂ソニー、それから、、、?

 

ブルーオーシャン戦略は、

外国での現象ではない。

 

ガラパゴス化された、我々日本人も、

その恩恵にあやかっている。

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190319181218j:image

 

 

はじめての事業計画の作り方。

 

作るのもいいけど、

まずは小さく試すこと。

 

いきなり大掛かりなプロジェクトではなくて、

小さく実験して、

うまくいけそうだったら続けること。

 

ミッション・社会にどう貢献するか

理念・今現在のあり方

ビジョン・数年後どうなっていたいか

 

とにかく自分のやりたいことを仕事にするよりも、

人々が求めているニーズを解決していくこと

これが起業家としてのマインドの前提。

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190319181749j:image

 

どの時期に学力に投資をするのが1番良いのか、、?

 

その答えは

「早ければ早いほど良い」である。

 

つまり、本格てきに学習の始まる、

「小学生」「中学生」この時期の

学習への投資が、

将来に大きな影響を与えることが

研究からわかった。

 

さらに、

学力の高い友達同士で近い席にいることで、

お互いが刺激になり、

成績の向上が見られるという実験結果も

存在する。

 

 

努力している子を

どうやって褒めればいいのか?

 

教員による生徒の伸びの差は、

なんと、「3倍」もの差がつくことが判明。

 

これらをどう受け止めるのか。

 

文部科学省、教員のポテンシャルは、

密接に受講者に影響を与えている。

 

 

 

 

断捨離2 自叙伝編 4冊

f:id:mmhurdlehighjump473:20190319172145j:image

 

勉強ができるバカ

我慢が美徳なバカ

自分の常識を押し付けるバカ

にわかを否定するバカ

一貫性にこだわるバカ

空気を読むバカ、、、、、、

 

あげたらきりがないくらい

世の中には多すぎるほどのバカが

はびこって生きている。

 

重症なのは、

「自分はバカじゃない」と思うバカ。

 

こんな頭の悪い集団の中でも、

「夢に向かって走り続けるバカ」

「ひたすら努力を続けるバカ」も存在する。

 

良いバカ、悪いバカ、

 

あなたはどっち?

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190319172149j:image

 

 

ホームレス小谷、

しるし書店、

えんとつ町のプペル

全ての企画の創設に至る経緯、

西野という人間が生きてきた軌跡。

 

全部詰まった一冊。

 

 

「たかが芸能人」だと思うなら、

それは思い違いかも知れない。

 

西野亮廣の再定義をするなら、

この本を読め。

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190319172158j:image

 

 

藤田晋って知ってる?

 

Amebaの創業者って知ってる?

 

サイバーエージェントの創業者は?

 

これは全部同じ答えの質問。

 

もし答えられなかったら読んでみよう。

 

 

 

そこにいるのは、

君と同じありきたりな人間なはずだ。

 

 

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190319172203j:image

 

本人書き下ろしの手書き小説。

 

あの日、

あの頃のことを回顧し何を思うのか。

 

神戸連続児童殺傷事件の犯人、

少年Aの描く肖像的内省。

 

自分の思う自分とは何か、

殺人とは何か、

 

「なぜ殺人をしてはいけないのか。」

 

ここには1つの有力な答えが、

言葉として記されていた。

 

 

 

本文引用

 

「自分の息子だから」と、

ただそれだけの理由で、

僕を愛さなくてはならないのだと

自分に言い聞かせるように、

僕の写真を肌身離さず持ち歩く、

罪なほど生真面目な父親が悲しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マーケティング2

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190318103746j:image

 

 

 

実際のマーケティング戦略教えて?

 

まずは、マントゥーワンマーケティング

 

ワントゥーワンマーケティングとは、

企業と生活者の間の学習関係の形成により、

より濃いサービスを提供する方法。

 

つまりは、

「リピーター客」に調査を行い、

なぜ気に入っているか、

どうやってであったかなどを

深く探る行為のこと。

 

 

他にはどんなマーケティング戦略がある?


データベースマーケティングは既存顧客の

「引き止め」、

商品開発のヒントを知ることができる。

 

近年流行の、AIを使った分析や、

ビッグデータ

データベースマーケティング入る。

 

 

ブランドについてもう一度教えて?


ブランドの確率には一般的に

「時間と歴史」がかかる。

企業が「ブランド」と思うだけでもダメで、

お客様と企業との関係が成熟してこそ、

「ブランド」と呼べるのである。

 

✴︎企業とお客様で作られるのが「ブランド」

 

 

さらに別のコラムでも述べたが。 、

ブランドとは目に見えるもの「タンジブル」

と、目に見えないもの「インタンジブル」と呼ばれるニ極性を持っている。

 

そして、
ブランドエクイティとはブランドを通して

経験できることである。

 

例えば店員との関わりや

広告のイメージ、

店舗の内装などのことだ。

 

ドンキホーテブランドエクイティだと、

ジャングルのような陳列、

トレジャーハントの気分を体験できるであろう。

 

 

マズローの5大欲求とは?

 

整理欲求

安全欲求

社会欲求

承認欲求

自己実現欲求

 

認知的不協和って?


消費者は意思決定をした後、

心に引っかかるものがある。

 

例えば、

買ってよかったのか、

高すぎたんじゃないか、

安物買いだったんじゃないか。

 

時に消費者は

認知的不協和をなくそうとする行動を

とることがある。

 

つまり、買った商品に対して

「購買をキャンセルする」

「友達に譲る」

などの企業にとってはネガティブな行為をすることで、不協和を解決しようとする。


最近では、

アメリカンスタンダードと言う「能力主義

が日本でも定着して来ている。

 

一方社会的地位にこだわらない人々

フリーマインド傾向も表れている。

 

まとめると、
マーケティングとは、

一言で言えば

買ってもらうのを待つのではなくて、

「消費者に買いたい気持ちを起こさせる活動」のとこ。

 

購買喚起のことですな。

 

 

 

感想。

 

 

 

マーケティングについて、

少し知れたな。

 

 

 

 

バンバン売りまくって、

最強のセールスマンになっちゃってや。

 

 

 

目指せ億万長者

 

 

 

 

げんき。

断捨離1 はなむけと書評6冊

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190317191232j:image

 

大前研一って誰、、、?

そんな興味から手に取った一冊。

友人の友人が大前研一セミナーで学んでいる

というのもきっかけ。

 

経済人、経営者の見ている世界は、

僕らの何倍も広い世界だった。

 

アンテナの数も、

その膨大な量と知識の深さは、

本だけで学び切れるものではない。

 

日本と世界の関わり方、知りたくないですか?

 

 

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190317191238j:image

 

スターバックスって行きますか?

 

スタバ好きなら知っている、

従業員の裏側や、

「グリーンエプロンブック」の中身について。

 

自発的な従業員を育てること、

これがスターバックスの特徴。

 

自発的に動けてるなら、

読む必要はない本です。

 

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190317191243j:image

 

「いじめ・不登校」「中退」

若者の悩みに寄り添う山本繁は、

「夢」を追いかけ続けた張本人。

 

「夢を語っていた友人が、ホイホイ大企業に就職するのに違和感を感じた」

 

本当に自分がやりたいことってなんだっけ?

 

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190317191308j:image

 

 

トリジャーファクトリーの野坂社長の語る経営、、とは?

 

25人の起業家が語る経営の本質。

 

経営者が25人いれば、

方法も25個ある。

 

起業の方法に答えなんてない。

 

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190317191324j:image

 

ディズニーのバイト、

社員さんってどんなイメージですか?

 

もし、その人たちがディズニーを離れたら、

素晴らしい店舗運営ができるんじゃないだろうか。

 

そんな疑問を体現したのがこの本。

 

人生波乱万丈。

この手の本には似つかわしくない、

知人の死。

 

ディズニーキャストの徹底力、

見習おう。

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190317191329j:image

 

前書き

「この本はハウツー本ではない」

 

というばっかりな前書きから始まる当初は、

さまざまな起業家の創業秘話が語られている。

 

「やりたいことがない奴は起業家になれ」

の山本繁さんも載っている。

 

あえて結論を出すのならば、

「利益を求めない活動の利益化」

これが起業・NPOに近しいと言える。

 

まずは、

ボランティア精神が必須と言える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断捨離0(4冊)

f:id:mmhurdlehighjump473:20190317190250j:image

 

評価経済社会

 

これからは資本を持つ人が強いのではなく、

「他者評価」を集められる人が成功していくよ、生き残っていくよ。

 

例えばツイッターなどでも、

知名度や人気が社会を動かしているよね。

 

評価経済社会、これから来るかな?

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190317190448j:image

 

 

若いうちにたくさん失敗しよう。

失敗しても終わりじゃない。

 

敗者であっても失敗者であっても、

また成功に向かって努力していいんだ。

 

力強いMBA取得者たちの経験した体験を

追体験できたら、、、?

 

 

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190317190714j:image

 

 

 

もし宝くじ当たったら、

仕事辞めちゃダメだよ。

 

だって、

1億円なんてたかが知れてるから。

 

あなたは1億円あったら何に使いますか?

 

僕は本をたくさん買いたいです。

焼肉も行きたいね😗

 

 

f:id:mmhurdlehighjump473:20190317190831j:image

 

 

 

ゾゾタウン前沢社長をはじめ、

ラインの社長森川さん、

マザーハウスの山形絵里子さんなど、

著名人の黎明期を探った、

田原総一郎との対話篇。

 

今流行りの起業家。

ロールモデルはここにあるかも?

 

 

 

無印良品

無印良品

「MUJI: 無印良品」の画像検索結果

 

 

 

Q:無印良品の基本理念は?

 

A:3つある。

 

「素材の選択」

「工程の点検」
「包装の簡略化」

これが無印良品の基本理念。

 

 

 

Q:無印良品の始まりは?

 

A:「西友

 

無印良品は1980年に「訳合って安い」のコピーとともに

西友」のプライベートブランドとしてデビューした。 

 

 

 

Q:グローバル化はどうなっている?

 

A:比較的順調

 

無印良品は初めの店舗こそ海外出店を失敗したが、

1等地ではなく「2等地などの2階」などの場所を使うことによって

「賃料を安く」抑え黒字化に成功した。

 

 

 

Q:簡単にうまくいったの?

 

A:そうでもない

 

ヨーロッパは成長の速度が遅かったつまり店舗の拡大もゆっくりで

成長率が見込めなかった。

例えば、業種は異なるがユニクロ

初めは海外展開はうまくいかなかった。

→つまり海外展開は失敗から学べということ。

 

したがって、ブランド浸透のスピードを高めるために

ミラノサローネ」と言う「家具」の見本市に出展した。

これにより認知度は高まった。

 

 

Q:今後の海外展開は?

 

A:インドネシアが有力

 

インドネシアは人口が世界で4番目に多い。

さらにまたユニクロの話だが、

ユニクロも最近は「バングラデシュ

インドネシア」などの地域に目を向けている。

 

そのため無印良品インドネシアには期待にかけている。

 

 

 

Q:中国展開はどうなっている?

 

A:順調といって良い

 

中国事業が好調の理由

1:開発担当者が2人しかいないこと。

→日本の企業が中国で苦戦するのは、

複数の開発担当者がいてそれぞれの部署で違う発言をしてしまう

「食い違い」による。

無印良品ではこの開発担当者が2人なため、

意見の食い違いや先方との食い違いが起きにくい利点を得ている。

 

2:条件を出してから2回の交渉で決めること

出店交渉で妥協しないことも成功要因の1つ。

2回の交渉で結論を出すことにより、真剣さを伝え、

時間の削減、有利な情報提示を促すことができる。

 

 

 

Q:海外への配送方法はどうなっている?

 

A:「神戸経由」で中国に無印商品を送っている。


しまむら」と同じ方法で、

海外にコンテナを送りコンテナに各工場から目一杯商品を詰め込む。

それで本店に送り込む経費の削減を行う。

 

 

 

Q:従業員の働き方は?

 

A:バーコードを利用した効率主義

 

従業員の効率化としては、

自分のものバーコードをスキャンすると作業効率が分かる仕組みを作った。

→作業者のモチベーション維持にも一役買っている。

 

 

Q:じゃあ中国出店は簡単だった?

 

A:そうとも言い切れない。


中国の店舗拡大はやはり難しく、

次第に「中国店舗の日本化」が大事だと気づくようになった。

 

そこで無印良品オリジナルの「ムジグラム」と言うマニュアルを、

中国でも作成することになった。

これは作成方法が丁寧で、まず日本人が中国語に翻訳し、

さらに現地の中国人がより中国語に近づけて表現する

と言う現地化を徹底して作成されたもの。

 

 

 

 

Q:そのほかに工夫していることは?


1:「あいさつ運動のスタート」

役職名ではなく「名前+さん」を呼び合うことで、

労働者同士の親密度を高めることに成功。

 

2:18時退社を守ることが徹底されている。

 

3:デスクの整理整頓
「第3水曜日を整理整頓の日」と決めている。

 

 

Q:他社関係はどうなっている?

 

A:食品部門ではブルボンの社長に講師を依頼している

 

 

さらには、

異業種交流会も行っており

衣料品だと「しまむら」、また、成城石井なと交流会を持っている。

 

 

 

Q:今後の経済はどうなる?

 

A:     B with Cとなる。

 

お客様に向けて商品を作っているのではなく、

お客様と一緒に商品を作っていくという意味。

 

この先はこのような、

顧客とつながる「ビーウィズシー」のつながりが大事。

 

開発部門にいる人は研究商品を出しがちになるので

顧客、もしくはエンドユーザーとの関わりは大切になる。

 

 

 

 

感想。

 

 

無印良品で服を買ってみようかな。

 

 

げんき