ゲンキのブログ

「metaブログ書いてます」

食う寝る二人住む二人 日暮キノコ

 

主人公の「のんちゃん」こと野々山 修一と

もう一人の主人公「りつこ」本名:町田 りつ子

 

この2人の悩みあり、ほっこりありの

同棲生活を描いたまんが。

 

素敵な2人の生活が垣間みえます(^^)

 

普通の幸せ、

それが一番の幸せ。

 

 

→2019年1月8日

 

日暮キノコの作品でいえば「ふつつか者の兄ですが」

っていう漫画も結構良き。

こっちのざっくりとしたストーリーとしては

「引きこもりの兄:保(たもつ)君と妹のしのちゃんの話」。

引きこもりの兄がいることをコンプレックスに思ってたけど、

引きこもってた兄貴が部屋から出てきたら、それはそれでまた面倒だった。

っていう。

 周りに迷惑かけてきた保くんが社会復帰していきつつ、

恋愛とかブランクに悩まされつつも成長していく様子が

なんか生々しくて人間らしい。

妹の「しの」の方も自分自身の恋愛とか人間関係で悩んでるんだけど、

兄のせいにしちゃうというか、

なんで兄は引きこもってて楽なのに、

自分自身は苦しまなくちゃいけないのかっていう葛藤が描かれてる。

これだけ見ると重たい内容に見えるけど、

日暮キノコの絵自体が見やすいし

ユーモア混じりでストーリーが進んでいくから、

サクサク読める。

 

食う寝るふたり住む二人も生活感たっぷりの話。

細かい心の変化的なの描いてあってあって

こっちもこっちでいいなーと。

 

そんな漫画でした。

 

げんき。